すっぽんと聞くとやはり亀のイメージが付き物ですよね。

すっぽんはどんな味なのか?どんな効果が得られるのかご存知でしょうか?
ただ、何となく食べるとお肌が綺麗になりそうとイメージを持っている方もいると思います。

亀

お店で売られているものもそのままのすっぽんの姿を目の当たりしたりとなかなか手を出すには勇気がいりそうな見た目でありますがすっぽんにはかなりの健康効果があるのも事実です。そこですっぽんについて詳しく説明していこうと思います。

すっぽんとは見た目はかなり亀に似ているのですが甲羅がないことが特徴です。そして古くから中国や日本では食用としても食べられてきていました。

すっぽんには精力がつくという意見もあります。そしてその料理法は主にすっぽん鍋や、雑炊などにして食べる方法が主流です。ですが最近ではダイエット効果なども期待できることからサプリメントとして販売されていたりもします。なんせ甲羅以外はほとんどの部分が食べることが可能なのですからね。

そして一番気になるのはお味ですよね。亀を食べるとはどんなことなのだろうと初めはその見た目からもかなりの抵抗がある食材です。実は味はあっさりとしております。これはたんぱく質や脂質が少ないためです。こう聞くだけでもかなりヘルシーな印象を抱きますね。ビタミンAやビタミンB1が多く含まれており栄養価が高いことも特徴です。疲労効果によく効くグルタミン酸が配合されているため効果があります。またカルシウムも豊富で、心臓の機能もアップさせる効果があるためお年寄りの方にもオススメです。

アミノ酸やビタミンが含まれているため生活習慣病の予防にも効果的です。このように良質な栄養素をすっぽんはたくさん含んでいるため人々の健康にとても効果があることは確かです。

そして、ダイエットや美容にも効果があるのです。なんせすっぽんにはコラーゲンやアミノ酸やビタミンが含まれているのです。これらは美容にとって欠かせない成分でもありますよね。コラーゲンによって肌を綺麗にする効果が期待でき、しわやたるみを防ぎます。またアミノ酸からも美肌効果を得ることができ、髪の生成にハリやコシも与えられます。これらの美容効果を得るには手軽に飲めるサプリメントが良いかもしれませんね。

すっぽんの主な調理法はやっぱり先程も述べたようにすっぽん鍋です。

最近ではすっぽん鍋の有名店も多いですよね。すっぽんと野菜などの具材を入れ鍋にすればすっぽんからでる美味しい出汁に含まれるコラーゲンによって美肌効果も得られ女性にはとても嬉しいものです。

そんな健康にも美容にも抜群な効果をもつすっぽん是非食べてみてはいかがでしょうか。手っ取り早くすっぽんの栄養を身体にとりいれることができるサプリメントも多く販売されています。その中でもすっぽん小町は、はがくれすっぽんという高級なものを原料にしています。購入者の口コミも良いので、効果も期待できそうですね。

http://www.centraldesucesso.com/

美肌のために控えた方が良い食品とは?

よく「コラーゲンはお肌にいい!コラーゲンを多く含む食品を食べると肌がぷるぷるになる!」などと耳にします。

このように「○○がお肌に良い」とテレビ番組などで取りあげられると、それをたくさん食べれば美肌につながると勘違いされる方が多いようです。肌に良い食事というのは、栄養バランスのととのった食事に尽きます。美肌のために何を食べれば良いのかを考えることも悪くはありませんが、視点を変えて、何を控えたら良いのか考えてみることも大切です。

美肌のために控えた方が良い食品といえば、まず甘いものです。糖質というのは血糖値を急に上げるものです。そうなると、コラーゲンが糖に結合する「糖化」という反応が起きます。こうなるとコラーゲンは弾力を失って老化し、肌のシワやたるみを生み出してしまうのです。また甘いものの食べ過ぎはニキビの原因にもなります。絶対に食べてはいけないものではありませんが、一度にたくさん食べないように心掛けると良いですね。

それから、神経を興奮させる作用のあるカフェインです。コーヒーや紅茶、緑茶、ココア、栄養ドリンクにもカフェインは含まれています。飲み過ぎると、神経が興奮してイライラしやすくなることがあります。就寝時刻のまぎわにカフェインをとると、美肌には欠かせない質の良い睡眠の妨げにもなります。量とタイミングに注意が必要です。

また一般的に、日本人は塩分を過剰に摂取しているといわれます。塩分のとりすぎは血圧の上昇や血管の老化につながります。血管が老化するということは肌が老化することでもあります。最近では食品に塩分量の表示がされていることが多いですから、確認しながら買い求めたいものです。

厚生労働省では1日あたりの塩分摂取の目標量を男性は8g、女性は7gとしているようです。何と世界保健機関(WHO)での基準は、1日あたり5g未満だそうです。食パン1枚には約1gの食塩が含まれていますし、ラーメンを1杯(汁も含めて)食べれば約6gも摂取したことになります。注意したいものです。