首のしわの一番大きな原因とされているのは、加齢によって首を支える筋肉が減ることで表面のハリがなくなることで、これを防ぐためには日常生活の中で姿勢を正して筋肉を維持しつづけることが大切です。

姿勢を正して顎を引いているといつも首から肩にかけての筋肉が緊張しているので、首のしわができにくくなります。

またストレスや不規則な食事によって活性酸素が増えてしまうと顔や首などにしわが出来やすくなるので、活性酸素を除去するために緑黄色野菜や果物を食生活の中に積極的に取り入れることが重要です。

緑黄色野菜や果物に含まれているポリフェノールは紫外線やストレスなどによって作られる活性酸素を除去する作用が非常に強いので、毎日食べているといつまでも若々しい肌をキープすることができるので、結果的に首のしわもできにくくなります。

この他にも顔の表情筋が固くこわばってしまうと首の表面の皮膚があまり動かなくなるためにしわができやすくなるので、友人などと積極的にコミュニケーションをとるようにして、おしゃべりなどで表情筋を鍛える必要があります。

首のしわは正しい姿勢で生活をすることでかなり予防することができますが、紫外線があたりやすい部分なので、日焼け止めや衣服などによって日焼けを防ぐことも大切です。いちばん重要なのは活性酸素の発生を防いで除去することで、そのためには喫煙をしないようにしたり、お酒を飲みすぎるなどの不摂生をしないように心がける必要があります。

食事

とくにタバコは血管を収縮させて老化を促進するので若々しい首をキープするためには絶対に吸わないようにする必要があります。

またビタミンCやビタミンEなどの抗酸化作用の強いビタミンをしっかり摂取しておくとコラーゲンが効率よく作られるのでしわやシミを防ぐことができます。

一度できたしわやシミは治すのが非常に難しいので、食生活や嗜好品などに気をつけながら生活をしてなるべく活性酸素を増やさないようにしなければなりません。すっぽん小町でコラーゲンを摂取するのも意識して行っていきましょう。

すっぽん小町のコラーゲン